エブリデイイングリッシュの評価・感想


今、一番目にする機会が多い英語教材といったら、エブリデイイングリッシュ(EE)ではないでしょうか。それくれい、いたるところで目にします。インターネット上での広告も凄いです。かなりの広告宣伝費をかけているのではないでしょうか。

もちろん、いくら広告宣伝費をかけようが、そのこと自体はかまいません。そのことにより、素晴らしい英語学習法が世間に広まれば、それだけ感謝されるということです。商売の基本ですね。では、このエブリデイイングリッシュは、どれだけ素晴らしい英会話教材なのでしょうか。

外タレのセイン・カミュさんが紹介していたことでも有名なエブリデイイングリッシュです。セイン・カミュさんがメインになって紹介していましたが、2014年中盤から姿を消しました。きっと契約終了によるものでしょう。

過去の宣伝も含めると、さらに多数の有名人が登場していることがわかります。俳優の哀川翔さん、プロ野球選手のダルビッシュ有さん、タレントの高田万由子さん、女優の釈由美子さん、などなど。

これだけ多数の有名人も愛用と聞くと、説得力もまり増す。ただし、契約も問題もあったのでしょう。これらのうちの全員、既に公式サイトから姿を消しています。

もしかしたら、ダルビッシュ有さんは愛用者ではなかったかもしれません。ただの、イメージキャラクター契約だったかもしれません。2012年5月14日より広告配信を開始しましたが、たしか1年間の契約だったかと思います。

わかりますよね?有名人を起用しているのは、あくまでも商品のイメージアップのためです。これは別に英語教材に限った話ではなく、世の中の商品全てに当てはまる話です。テレビCMで有名タレントが出てくるのは、みなさんもお分かりの通り、全部その理由です。

CM出演で数千万円のギャラがもらえる世界ですから、イメージ戦略がどれだけ大事かがわかります。従いまして、その英語教材(商品)がどれだけ価値があるものかは、宣伝広告のイメージではなく、商品そのものをしっかりと理解・分析する必要があります。

エブリデイイングリッシュは、スピードラーニングを意識して作られ、そしてそれを上回った内容だと思います。また、最初にエブリデイイングリッシュが発売されたのち、改良版のエブリデイイングリッシュ2が販売され、現在では、オリジナルのエブリデイイングリッシュはなくなり、エブリデイイングリッシュ2が。エブリデイイングリッシュという名称で販売されています。

このように進化を求める姿勢がエブリデイイングリッシュにはありますので、その点は評価できると思っています。ただ、忘れていただきたくないのは、この教材も、英語を聞くだけで、英語を習得するというコンセプトの教材だということです。

スピードラーニングとは少し表現の仕方が異なりますが、「流して聞くだけ」という表現を使っています。これだけで、英語力がつくというわけです。さて、あなたはどうしますか?


さて、以上がサイト運営者である私のエブリデイイングリッシュに対する評価・感想になりますが、他の方々がどのような印象をお持ちなのでしょうか。実際の生の声を集めてみましたので、ここの公開いたします。

エブリデイイングリッシュならとっつきやすく、やり遂げられそうです

私が見たエブリデイイングリッシュ


Copyright(C) 2013 エブリデイイングリッシュの販売終了...どうしたらいいの? All Rights Reserved.