私が見たエブリデイイングリッシュ


エブリデイイングリッシュは使った経験はないです。サイト、youtubeを通して、日常表現、旅行をする時に使う表現に絞った教材だ、ということはわかりました。

教材の印象についての正直な感想を申したいと思います。中学レベルで習う、日常表現に絞っていますが、(Where can I get a taxi?など)ありきたりだなという印象です。ありきたり、というのはすでに同じようなことをやっていて、顧客を確保している同業者がいるという意味です。

ラジオ放送の基礎英語などで同じようなことをやっていますし、(しかも冊子の絵柄、放送内容、司会者のエンターテイメント性、リスナーも英語を話す機会があるという点では、ラジオ放送の方が質が上です)携帯のアプリや指差し会話帳の方が、時間もコストもかからず、素早くその場で対応できるので、エブリデイイングリッシュをわざわざお金を出して買う必要性を感じませんでした。つまり、他の教材との差別化した魅力がないということです。

教材の内容、宣伝方法についてですが、スピードを上げた英文を読み上げるということですが、私は効果がないと思います。

語学学校や大学公認の英語教育(海外)の場で行われていることでしょうか?少なくとも私は聞いたことがありません。

サイトの体験談の声は、”話せるようになった、聞きやすくなった”という個人の主観の感想はありますが、2倍速の実際の効果については1件のみ、それも個人の主観の感想のみでした。しかも顔写真を載せたり、実名が書かれていないので信憑性ゼロ。

イギリスやアメリカの有名大学出身の人の評価を聞いた動画をたくさんあげていますが、ありきたりな感想で経歴も嘘くさいです。個人主観の感想ではなく、語学学校認定のメソッドを使っている、コラボしたという実績の方が信頼性が増すと思います。(そのような教材を素人が作るのが難しいと思いますが。)

また他の方法ですと、購入した日本人とネイティブを対話させて、3ヶ月後にこう成長変わる!などbefore,afterの動画の方が、購入者にとって自分が成長したイメージが作りやすいと思います。

もう1つ、余計なお世話ですが付け加えさせて頂くのなら、海外に留学する予定、している人からよく聞くのが外国人と英語で”何”を話すかがわからないようです。それならば、トピックとその話しかけ方(例えば、星座、家族について)ジョークの表現を交えた教材の方がまだ需要があるのではないでしょうか。

最後にですが、唯一好感を持てたのはサイトの見やすさでした。特徴を見る、学習効果を見る、料金を見る、という部門があったのはわかりやすくて良かったと思います。

ですが、他の教材との差別化ができておらず、アプリや指差し帳よりも欲しくなるような特別な内容でなかったのが教材として勿体ないと思いました。

また、2倍速で聞くという謎の方法は聞いたことがありませんし、そのような教材や方法を使って、ただCDを聞いて3ヶ月で英語が話せるようになった人を私は聞いたことがありません。それが有効的で、あまり知られていない新しいメソッドなら独自に確立させる証拠、言語学者や語学学校教師などの証言が必要ですよね。


エブリデイイングリッシュの評価・感想

エブリデイイングリッシュならとっつきやすく、やり遂げられそうです

私が見たエブリデイイングリッシュ


 

Copyright(C) 2013 エブリデイイングリッシュの販売終了...どうしたらいいの? All Rights Reserved.