秘密の英語勉強法は幻想に過ぎません


日本人なら誰でも感じているかとかもしれないことに、英語がなかなか上達しない、ということがあるかと思います。これは義務教育でだけ英語を勉強してきた人も、大学で英文学科にいったような人にでも共通していえることだと思います。

英文法からして、全然駄目な人。英文法は多少はなんとかなるけど、英会話がからっきし駄目。英語が全然聞き取れない。英語を話そうとしても言葉が出てこない、などなど。日本人が抱える英語上達の悩みは尽きません。日本ほど英語の参考書や教材、スクールなどが充実した国は他にはないかもしれません。

それにもかかわらず英語ができないのが日本人。日本での私たちの学習方法自体が、そもそも問題があるのではないかとさえ思ってしまいますよね。

いっぽうで、インターネットなんかをみていると、「これで私は英語がペラペラになった」「英語は実はこんなに簡単だった」「努力しないほうが英語は伸びる」といったような、体験談付きの話を目にしたことがあるかと思います。まさに夢のような秘密の勉強法が裏ではあるようです。

とにかく、いままでの勉強方法が悪かった。そういった学習方法を続けていては、いつまでたっても英語は上達しない。でも、今まで公開されていないような、秘密の勉強法さえすれば、あなただって英語がどんどん出来るようになる。インターネットの宣伝をみていると、そんな気になりませんか?

でも、それは幻想に過ぎませんよ。確かに効率的な学習方法はあります。無意味な学習方法をやめて、より科学的な勉強方法を取り入れるのもひとつの手でしょう。しかし、あるひとつの教材をやることだけで、英語がペラペラになったりすることなど、幻想に過ぎないことを知って下さい。

そのことを知っておかないと、こういったネット上で課題広告に近い宣伝文句で売られている英語教材を購入したあとに、騙された、という気持ちになってしまいます。こういった教材は、粗悪なものもありますし、ある程度効果を発揮するであろう教材もあります。

ただ、いずれにしても、宣伝の仕方が、誇張し過ぎているのです。当然、誇大広告に抵触しないような言い方にはなっているのでしょうが、ギリギリの線で、私たちにメッセージを送ってきます。そのこともしっかりと知っておきましょう。

このサイトでご紹介している英語教材も、訴求のために魅力的な言葉を使っていることは否めません。しかし、上記のことを知った上で、あなたの英語学習の一環として利用する分には、十分利用価値があります。

私たちは、英語教材の宣伝文句には、商売としての意味合いもあることを十分に承知し、なおかつ、必要以上の拒絶反応を持つことも、選択肢を狭めすぎてしまうことも認識し、冷静に教材の効果を理解するようにして、活用していくことが必要になります。


 


Copyright(C) 2013 エブリデイイングリッシュの販売終了...どうしたらいいの? All Rights Reserved.